京田辺で36年 地域の暮らしを応援します
清栄ハウジング株式会社

売るノウハウ 財産の売却に関するノウハウをご提供します

マイホームを売却する時には、色んな不安や戸惑いが出てきますよね。
これは誰でも同じように感じるでしょうし、 人生に何度も経験する事ではありませんから当然と言えば当然です。
ここでは、そういった不安材料を少しでも取り除き、安心してお取引をして頂くために
ちょっとした「ノウハウ」をご提供致します。マイホームの売却前に、ご一読ください。

Q.家を売りたいとき、不動産会社をどう選ぶ?

A.それぞれの特性を把握し、信頼のおける不動産会社を選ぼう!

自宅売却の仲介を不動産会社へ依頼する場合、いろいろお店を覗いたり担当者と話をしたりしながら、 最終的にどこへ頼むかを決めるのが一般的ですね。
その中でも一番大切なことが信頼のおける不動産会社を見つけることです。売る事にだけ執着する会社や、売った後には一切連絡が無い、といった不動産会社はやはり避けられた方が良いですね。
また、不動産会社にはそれぞれ特性があります。清栄ハウジングのように地域密着の会社は、エリアの市場・情勢に深く通じており、今ご覧になられています通り、WEB上でも南山城地域一番の物件情報量を持っていますので、売却の際には多くの買主様とのマッチングをして頂けます。

Q.仲介依頼(媒介)の種類って?

A.『一般媒介』と『専任媒介』、タイプの異なる仲介方法があります

☆媒介の選択

売却の依頼には、まず、いくつかの不動産会社に平行して依頼する「一般媒介」タイプにするか、1社だけ に依頼する「専任媒介」タイプにするかを選択する事から始めなければなりません。複数にするか、1社だけ にするか、どちらが有利であるかはあなた自身の都合や物件の状況によって変わってきます。

☆どちらを選べばいいのか?

一般媒介の方が、複数不動産会社の中から一番高値の買い手を連れてきたところと契約でき、一見有利に感 じますが、それは取引条件が売り手有利の状況のときであり、売りづらい物件や価格が低迷しているときには、 不動産会社間の競争の原理があまりうまく機能しない事もあります。
逆に、非常に売りづらいとか、不動産会社の各種サービスやバックアップをうまく利用したいときには、専任 媒介タイプを利用した方がいい結果に繋がります。
専任タイプは、「専任媒介」・「専属専任」の2種類。それぞれサービス内容が違います。正式に依頼すると、「媒介契約書」に調印するので、事前に担当者から違いを聞いて判断しましょう。

一般媒介タイプ専任・専属媒介タイプ

Q.売り出し価格はどうやって決まるの?

A.『売主であるあなた』が決めます

一般に不動産取引において、不動産の価格は、「売りたい」と思った価格から「成約に至る」まで、4つのステップに分類されます。

4つのステップ

図のように、売出価格を決めるのは「売主であるあなた」です。
私ども不動産仲介業者が行う価格査定とは、助言(参考意見)価格の提示なのです。

上へ

買う
  • 特選物件
  • 新着物件
  • チラシ物件
  • 物件検索
売る
  • 売るノウハウ
  • 成約物件
  • 査定依頼
  • 売主かんたん検索
会社案内 お問合せ
セイエイweb会員 リンク

気になる物件がございましたら
まずはお気軽にお問合せください!

清栄ハウジングに電話する

9:00~20:00(水曜定休)